田舎っぺ、インドで暮らす

突然インド駐在妻になりました。

これがインドあるあるなのか

日本は春の訪れに浮き足立っている頃かと思いますが、こちらは最高気温35度を超えました
あついー、あついよー、

お花見がしたい、みちょぷらです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)








デリーの世界遺産『クトゥブミナール』に行った時の話




たかーーーーーーーーい塔が印象的なデリーの観光地






夫はこの、錆びない鉄柱こと チャンドラヴァルマンの柱 に中学生のころから憧れを抱いてたらしくテンション上がってた(よーわからん)





早速、

🙎‍♂️「写真撮ってー」と言う夫のところに

👮‍♂️「撮ってあげるヨ。二人ともそこに立って。」と警備員らしきインド人が寄って来た



🙎‍♀️「(え、、携帯もってかれるとかじゃない?大丈夫??)」
と思いつつも、お言葉に甘える我々




パシャ📸意外とちゃんと撮ってくれた



👮‍♂️「チェック。チェック。」

🙎‍♂️🙎‍♀️「おーグッドグッド!センキュー!」


疑ってごめんなという気持ちでその場を立ち去ろうとするも、








👮‍♂️「次はこっちに立って、手をこうして」


場所を移動し、ポージングまで指定され、撮影される




🙎‍♀️「え、なんでこの人(頼んでないのに)こんなことしてくれるの?」
🙎‍♂️「何でやろ、サービス精神旺盛やな。」


パシャ📸写真は既に困惑顔のふたり









👮‍♂️「次はこっちだヨ」

さらに場所を移動し、
パシャ📸






👮‍♂️「オーケー。天井が写ってグッドでしょ?」

🙎‍♂️「オッケー、センキューソーマッチ。バァイ」
🙎‍♀️「(早く終わらせたい)」



.....漂う嫌な予感



👮‍♂️「....チップ プリーズ ☺️」





やっぱりかぁぁぁぁぁあああああああ
お前、警備員ちゃうんかぁぁぁあああああ






しゃーなし、20ルピ(約40円)←あげてさよならした。という話。





用心深く生きようと誓った、渡印1週間目の出来事。