田舎っぺ、インドで暮らす

突然インド駐在妻になりました。

インドの暑さを利用して、納豆量産大作戦!

納豆なんてしばらくなくても大丈夫やろ〜と思ってたみちょぷらです。
手に入らないとなると欲しくなるものなんですね。気づいたら納豆の作り方をググってました。



自家製納豆だなんて!!!めっちゃ異臭やばそう!!!と思ってた訳ですが、


(こーゆうの想像してたから)


意外と簡単に、しかもめちゃちゃくちゃ美味しく作れるらしい✨ということで、
Let’s 納豆づくりーーーーーー✊




まずは大豆を戻す

一晩水に付けておく

Σ(゚д゚lll)なんか泡立ってるΣ(゚д゚lll)腐ったか!?!?!?
慌てて調べてみたら、泡の正体はサポニンと言う大豆の苦味やえぐみ成分らしい。勉強になります!!!!健康効果が高いということでそのままつけ汁ごと使います。


圧力鍋にかける


Hawkins Contura Hard Anodised Aluminium Pressure Cooker, 1.5 Liters, Black
こんなレトロなやつでもバッチリ使えます👌

1時間火にかけた後、30分蒸らす。
手で簡単に潰れるぐらいまでやらかくなればいいので、戻し方に決まりはないと思います。
※この間に、使う道具は全てを熱湯消毒して、余計な雑菌を排除








続いて納豆菌を仕込む

大豆を容器に移す。

水気を切った大豆を熱いうちに適当な容器に入れる。※使う道具は全て熱湯消毒したもの


納豆投下

バンコクでゲットして冷凍保存していた納豆を入れ、かき混ぜる。
私は約250gの大豆に対して、納豆4分の1パックいれました。納豆菌は最強らしいので少しの納豆で十分繁殖します







さぁ!発酵だ!

キッチンペーパーで蓋をする

通気の確保と、大豆から出る蒸気を吸うために、キッチンペーパーをかぶせ輪ゴムで留める。上にふわっと蓋置いてもいいかと。


外に放置

鳥に突かれないようダンボールをかぶせて日当たりの良いところに24時間置く。
納豆菌が1番活発になるのが40度なのでインドの暑さがここで役に立ちます。しかし、日が沈むと気温も多少下がるので、夜に熱湯を入れたペットボトルを入れておきました。


最終段階!熟成させる!

蓋をして、冷蔵庫で1日〜2日寝かす。

発酵が進んで薄っすら白くなってる!!わくわく!!
これ以上常温発酵させると腐りすぎてしまうので必ず冷蔵庫へ〜




いただきま〜す

ちゃんと糸引いてるーー!!!!納豆になってるーーーー!!!!!


奥にチラ見えしてるのは秘蔵の秋刀魚ちゃん🐟味噌汁も添えてね。

は〜( ´ ▽ ` )日本だ〜( ´ ▽ ` )ここは日本だ〜( ´ ▽ ` )幸せだ〜( ´ ▽ ` )ご飯おかわりしてしもた〜( ´ ▽ ` )🍚




残りの納豆は小分けして冷凍保存♡これで我が家も一生納豆食べて暮らせる♡
納豆なくて困ってる方、お裾分けしますよ♡


大豆はオーガニックのものを使ってます👇